AEDは今後低コスト、コンパクトへ

AEDは今後低コスト、コンパクトへ『就職活動がきっかけで』

私は、結婚を機に退職をしていましたが、復職するために就職活動を始めました。

そんな中、採用されたのが大型の商業施設の運営事務所でした。

商業施設の新規オープンスタッフとしての採用だったので、あらゆる準備をし、多忙な日々を送っていました。

日々忙しく動き回っている中で、施設内に設置する什器や植物などの準備もあり、そこにAEDも含まれていました。

 

『仕事の中で知るAEDの役割』

AEDの存在は何となく知っているものの、初めて目の当たりにし、こういうものなんだ、と驚きました。

なぜなら機械の性能を考えると思ったより小さかったからです。

AED販売業者の方より使い方と、流れをレクチャーしていただきました。

実際に一通りの流れをしてみましたが、電気ショックで心臓を動かそうとするだけでなく、心臓マッサージのタイミングを知らせる機能もあり、倒れた人だけでなく、周りの人も適切な処置ができるよう、大きな役割を果たしています。

このレクチャーのなかで、人の命に関わることの重大さを教わり、いざという時に自分がすぐ動けるのか考えさせられました。

 

『重要な役割を果たすAED』

そして、人通りが一番多いインフォメーションセンター付近にAEDは設置されました。

一度だけ、実際AEDを使った現場に立ち会ったことがあります。

心臓マッサージをし、AEDを使うという流れを繰り返しながら救急車が来るのを待つ間、周囲の人はひたすら無事を祈るばかりです。

何とか、現状維持をしながら救急車に乗せることが出来ほっとしました。

その数日後、残念な結果になったと聞きましたが、いざという時に近くにAEDがあれば救える命もあり、とても重要な役割を果たすと実感しました。

 

『AEDが普及するには』

しかし、問題は、AED自体の認知度というものがまだ低いことがあげられます。

当然、使い方もわからない人が多く、いざという時の処置にためらう人も多いと思います。

そのためにも、学生時代から授業に取り入れてみたり、地域のイベントなどで体験会などを実施し、いざという時の心構えと使い方を周知をしていくことが重要だと思います。

 

『低コストでコンパクトに』

今後は、更にコンパクトで使いやすくなることを期待します。

いくつかのポイントに設置することでカバーできる場合もあれば、もともと持病で不安のある方もいるかもしれません。

持ち運び可能なくらいにコンパクトになれば、自然と需要も増えると思います。

いざという時の備えのためにも、いつでもどこでも使えるようになることを願います。

 


 

価格とサポート重視で選ぶならこちら
AED価格comボタン

※ CUメディカルのAED販売店
 

AED販売価格確認方法

①AEDコム ホームページへ移動後
AED販売COM

②無料見積りボタンを押す
AED販売コムボタン

③6つの必須項目を入力し送信
見積も依頼2

④即日に登録したアドレスへ見積もりが届きます

このページの先頭へ