AEDは救う

AEDは救う

AEDは人の命を救うもの。

つまり、AEDさえあれば人命救助ができると思っていませんか?

その考え、実は間違っているのです。

AEDが人命救助において重要な役割を果たしてくれることは間違いではありませんが、”AEDさえあれば”、ではないのです。AEDは人命救助において、必要条件の一つに過ぎないのです。

人命救助のための救急処置には3つの流れがあります。

まず、倒れている人を見かけたら、意識の有無を確認します。

もし意識がなければ、心停止を疑う必要があります。

大声で周りの人の応援を要請し、救急車やAEDの手配をします。

救急車やAEDが出来るだけ早く傷病者の元へ到着することがここでは重要です。

そして何より、一番大切なことは倒れている人を見過ごさないという点です。

これが3つの流れのうちの一つ目の処置です。

次に行うのが「一次救命処置」と呼ばれるもので、ここでAEDを使用することになります。

AEDで電気ショックを与え、心臓の震えを取り除きます。

そして人工呼吸、胸骨圧迫をすることで心臓と呼吸の動きを助けるのです。

つまり、人工呼吸や胸骨圧迫といった心肺蘇生が施されないとAEDの効果が発揮されないのです。

また、この心肺蘇生は、心臓の動きが元通りに戻った際に後遺症を残さないためにも重要な処置といわれています。

AEDと心肺蘇生をセットで行うこと、これが何より大切なのです。これが2つ目の処置です。

そして最後が、救命士や医師による「二次救命処置」になります。

ここでは薬や医療機器などを使用して心臓の動きを取り戻し、また治療をしっかり行うことになります。

これが3つ目の処置です。

この3つの流れが滞りなく行われること、そしてAEDだけでなく心肺蘇生法も同時に行うこと、これらが全て成立して初めて人命救助の可能性があるということを覚えておく必要があります。

もし目の前で人が倒れていたら…恐らく多くの人は処置を施すことを躊躇うでしょう。

人命にかかわることですので、もし上手く処置できなかったら、という恐怖を感じてしまうのももちろんわかります。

しかし、もしAEDの知識を持っていたとしたなら…AEDによる処置を行うことで助かる命もあるのです。

一般市民の善意によるAEDの使用や救命措置は、一般的に反復かつ継続的に施される可能性がないという理由で医師法違反にならないことが確認されています。

大切なのは、目の前で倒れた人がいる場合、一刻も早く救命処置を施すことです。

躊躇わずに勇気を出して処置を施してください。

 


 

価格とサポート重視で選ぶならこちら
AED価格comボタン
※ CUメディカルのAED販売店
 

AED販売価格確認方法

①AEDコム ホームページへ移動後
AED販売COM

②無料見積りボタンを押す
AED販売コムボタン

③6つの必須項目を入力し送信
見積も依頼2

④即日に登録したアドレスへ見積もりが届きます

このページの先頭へ