AEDイレギュラーな想定

AED価格ネックレス

AEDを使っての人命救助の一連の流れをある程度理解したとします。

では、実際目の前で人が倒れた場合、講習で受けたように、寸分違わず進めていくことが出来るでしょうか?

きっと想定外の事が、いくつも発生するでしょう。

ここでは、AEDを使用した際に起こりうるイレギュラーな場面を想定し、その場合はどうするの?といった疑問を解決していこうと思います。

 

AEDを取りに行く人

まず、自分しか救助者がいない場合、それでもAEDを取りに行くべきでしょうか?

この答えは、AEDが近くにあるとわかっている場合はYESです。

しかし、AEDがどこにあるかわからない場合は、探すために貴重な時間を費やさないようにする必要があります。

 

電極パッドを貼る際

次に、電極パッドを貼る際の話です。

電極パッドを貼るためには、衣服を脱がせる、または上半身が見えるようにしなければいけません。

男性であればそれほど気にする必要はないかもしれませんが、女性だった場合、講習の前で上半身が見える状態にしていいのかどうか悩んでしまうと思います。

もし応援の人が近くに何人かいた場合、上着を借りる、タオルを探して持ってきてもらうなどして、上着やタオルといったもので傷病者を囲うように周りに立ってもらい、好奇の目から守ってあげるなど、可能な限り配慮してあげられれば良いかと思います。

しかし、そのような協力が得られそうにない場合、やはり人命救助のほうが大事ですので、やむを得ないと割り切って行動するしかないでしょう。

 

嘔吐物等で汚れた場合

また、電極パッドを貼る際によく起こりうることですが、傷病者の胸が濡れていたり、嘔吐物等で汚れていたりした場合は、まずそれらをふき取る、または取り除いてから使用しましょう。

 

湿布・塗り薬

湿布といった貼り薬があった場合、貼り薬をはがし、薬剤が体に付着していたらそれもふき取ってから電極パッドを貼りましょう。

 

ペースメーカー

ペースメーカーが埋めこまれている場合もあるかと思います。ペースメーカーが埋めこまれている場合、その部分がぽっこり出っ張っているので、ペースメーカーを見たことがない人でもすぐに分かります。

その際はペースメーカーに電極パッドが当たらないように注意して貼りましょう。

 

アクセサリー

金属製のアクセサリーや時計をしている人もいるかと思います。そういったものは取り外すようにしましょう。

 

 

最後に、電極パッドを張り、心電図を解析した後の話です。

講習では、「電気ショックが必要です」とメッセージが流れ、電気ショックを与える流れになっていたのですが、実際の場面では、「電気ショックが不要」の場合もあり得ます。

この場合は当然ですが、電気ショックは与えず、胸骨圧迫、人工呼吸の流れで心肺蘇生を行いましょう。

約2分後、再度自動的にAEDが心電図の解析を行いますので、その際の音声メッセージに従ってください。

AEDを実際に使用した際に考えられるいろいろな状況について挙げてみました。

もちろん、この他にも様々な問題が発生する可能性がありますが、一番大事なことは、落ち着いて行動することだと思います。

 


 

価格とサポート重視で選ぶならこちら
AED価格comボタン
※ CUメディカルのAED販売店
 

AED販売価格確認方法

①AEDコム ホームページへ移動後
AED販売COM

②無料見積りボタンを押す
AED販売コムボタン

③6つの必須項目を入力し送信
見積も依頼2

④即日に登録したアドレスへ見積もりが届きます

このページの先頭へ