基本的なAEDの使い方

aed使い方

救命処置には欠かせないものの一つであるAED。

ここでは、AEDの使い方について説明します。

AEDにはいくつかの種類がありますが、どの機種も同じ手順で使えるように設計されています。

従って、基本的な流れをしっかり覚えておけば、誰でもどの機種でも使うことが可能です。

また、AEDは電源を入れると、音声ガイダンスによって指示が出されますので、基本的にはそれに従うだけで構いません。

何より大事なのは落ち着いて行うことです。

それでは、順を追って基本的な流れを説明します。

①AEDが届いたら、もしくは自分で持ってきたなら、傷病者の近くに置き、ケースから本体を取りだします。

②AEDの蓋をあけ、電源ボタンを押します。(中には蓋を開けると自動で電源が入るものもあるようです。)
電源を入れたら、後は音声ガイダンスの指示に従って操作することになります。

③傷病者の衣服を脱がせる、もしくはボタン等を外し上半身が見えるようにし、電極パッドを貼ります。
電極パッドは基本的に、右肩付近と左わき腹に張ることになっており、これは電極パッドにも絵で示されています。
必ずしもこの通りである必要はないのですが、基本的には絵の通り貼るのが良いようです。
もし、ペースメーカー等が埋めこまれていた場合は、その部分は避ける必要があるので、左右逆にする必要があります。
また、アクセサリーや腕時計を傷病者が付けている場合は、この時に外しましょう。

④電極パッドを貼ると、「体に触れないでください」というような音声が流れ、自動で心電図の解析が始まります。
この時、少しの振動でも解析結果に影響を与えてしまう可能性があるのでので、「離れてください」というように、周りの人が傷病者に触れることがないように、そして解析に影響を与えないように注意を促す必要があります。

(傷病者の状態によっては、「ショックは不要です」といわれる場合があります。この時は、即座に胸骨圧迫を始めます。今回は、電気ショックが必要な場合のまま話を進めます。)

⑤解析が終わり、電気ショックを与える必要があると判断されると、「ショックが必要です」といった音声が流れ、自動的に電気ショックのための充電を始めます。
充電が完了すると、「ボタンを押してください」のような音声が流れ、電気ショック用のボタンが点灯します。
ここで、ボタンを押す前に、傷病者に触れている人がいないか、近づいている人がいないかを再度必ず確認し、処置を行う自分自身も少し離れてから、「電気ショックを与えます」と言い、ボタンを押します。

⑥電気ショックを与え終わったら、「胸骨圧迫を開始してください」という音声が流れますので、指示に従い胸骨圧迫をしてください。

これ以降、約2分毎にAEDは自動的に心電図の解析をスタートします。④~⑥の流れを繰り返すこととなります。

これが、AEDの基本的な使い方、流れとなります。

 


 

価格とサポート重視で選ぶならこちら
AED価格comボタン
※ CUメディカルのAED販売店
 

AED販売価格確認方法

①AEDコム ホームページへ移動後
AED販売COM

②無料見積りボタンを押す
AED販売コムボタン

③6つの必須項目を入力し送信
見積も依頼2

④即日に登録したアドレスへ見積もりが届きます

このページの先頭へ